はめを外す

調子に乗って度を越すこと。

はめを外すの由来・語源

「はめ」とは、馬の轡(くつわ)の、口の中にくわえさせる部分の「馬銜(はみ)」が転じたものとされる。それを外すと、馬は束縛から解放されて気ままに行動することからたとえていうもの。
また一説に、「はめ」は建物の側面に張る羽目板のことで、それを外すほどの度を過ぎた行為をする意からともいい、「羽目を外す」と表記することも多い。

はめを外すに関連する言葉

カテゴリ:人間