はず

当然そうなるべきと確信をもっていることを示す。形式名詞的に用いられる。

はずの由来・語源

本来は、弓矢に関する語で、弓の両端の弦をかけるところや、矢の端の弓の弦を受けるところをいう。区別して、前者を弓筈(ゆはず)、後者を矢筈(やはず)ともいう。
矢筈と弦とがぴったりと合うところから、当然そうなること、道理、といった意味でも用いられるようになった。
カテゴリ:社会