とにかく

何はともあれ。いずれにしても。ともかく。「兎に角」とも当てて書く。

とにかくの由来・語源

古い語形は「とにかくに」で、最後の「に」が脱落して「とにかく」が成立した。
「と」はそのように、「かく」はこのようにの意味の副詞で、あれこれと、何やかやというのが本来の意味。
それが転じて、何かにつけて、いずれにせよという意味になった。
カテゴリ:社会