とてつもない

道理に合わない。途方もない。並み外れている。

とてつもないの由来・語源

漢字では「途轍もない」と書く。
「途」は道、「轍」はわだちで、道に残した車輪の跡のこと。それが転じて筋道・道理の意味になった。
そこから、「とてつもない」は、筋道から外れている、道理に合わない、常識では考えられない、途方もないなどという意味を表すようになった。

とてつもないに関連する言葉

カテゴリ:様相