しょっちゅう

始終。いつも。常に。絶えず。

しょっちゅうの由来・語源

「初中後(しょちゅうご)」を略した「初中」が変化した語。
「初中後」とは物事のはじめ、中ごろ、終わりの三段階のこと。特に、中世では文芸などの、初心から熟達までの学習の三段階をいった。江戸時代には、はじめから終わりまでの意で用いられるようになり、さらに言葉も「しょちゅう」「しょっちゅう」へと変化していった。
カテゴリ:様相