ごまめの歯ぎしり

実力のない者がいたずらに苛立ったり、悔しがることのたとえ。

ごまめの歯ぎしりの由来・語源

ごまめ(鱓)は片口鰯(かたくちいわし)の幼魚を干したもの。また、それを調理したもの。正月料理の田作り。
ごまめは小さくても尾頭付きの祝魚だが、高級魚でなく軽視されることが多いので、実力のない者のたとえとして使われ、「歯ぎしり」と結びついて憤慨する意になった。
カテゴリ:人間