えのころ草

イネ科の一年草。日本各地の空き地や道ばたに生える。ねこじゃらしともいい、漢名を「狗尾草」という。

えのころ草の由来・語源

古くはエヌノコグサといい、「エヌ」とは「ヲイヌ(子犬)」を縮めた形で、「子犬の小草」の意。円柱状の花穂が、子犬の尾に似ることにちなむ。
カテゴリ:自然