うってつけ

人や物事がその目的にぴったり適合していること。また、そのさま。あつらえ向き。

うってつけの由来・語源

金槌と釘で木と木を打ってぴったりとくっつけること、すなわち「打って付け」が語源。
その具体的な動作を表す言葉が、抽象的概念も表すようになった。江戸時代後期より使われるようになった。
カテゴリ:様相