ありきたり

ありふれていて、珍しくないこと。

ありきたりの由来・語源

動詞「有り来たる」の連用形「ありきたり」が、形容動詞として用いられるようになったもの。文字通り「もとから存在し続けてきたこと、今までどおりであること」が原義。
それが転じて、「ありふれていること」の意で用いられるよういなったもの。
カテゴリ:様相