あひる

マガモを家禽化したもの。紀元前より、ヨーロッパや中国などで飼育が始まり、飼育が容易なこともあり、世界中で幅広く飼育されている。

あひるの由来・語源

足の水かきが大きくて広いことから、「あしひろ(足広)」を略した「あひろ」が変化して「あひる」になったとされる。
また、歩くさまが闊歩(かっぽ)する風に見えることから「あひろ」を「足闊(あひろ)」とする説もある。
漢字では「家鴨」と当てて書く。

あひるに関連する言葉

カテゴリ:自然