二の足を踏む にのあしをふむ

どうしようかと迷う。ためらうこと。

二の足を踏むの由来・語源

「二の足」とは、歩き出して二歩目のこと。
つまり「二の足を踏む」とは、一歩踏み出して、二歩目はどうしようかとためらってその場で足踏みしてしまうこと。そこから、思い切って行動することができないの意を表すようになった。
カテゴリ:人間