すったもんだ

物事がまとまらず、さんざんもめること。ごたごたすること。もつれること。

すったもんだの由来・語源

漢字で書くと「擦った揉んだ」となり、動詞「擦る」と「揉む」からできた語。江戸時代にはあれこれと勝手を言うさまの意の「すったのもじったの」という語もあった。
「擦る」はこする、「揉む」は両手でこすり合わせる。似た手の動作を重ねることで、あれやこれやのさまを表したことからの語。
カテゴリ:人間