間が抜ける

肝心なところが抜けていること。

間が抜けるの由来・語源

「間」は邦楽・舞踊・演劇などで、音と音、動作と動作、セリフとセリフの間に入れる休止のこと。また、拍子やリズムのことをいう。その間が抜けるとは、演奏や演技で拍子がぬけることをいい、転じて、肝心なところが抜けるという意味になった。

間が抜けるに関連する言葉

カテゴリ:音楽