落書き

書いてはいけない所に書く、いたずら書きのこと。

落書きの由来・語源

平安時代に、権力者や社会に対する批判や風刺を名前を伏せて書き、それを人目につく所に落として拾わせたり、張り出した文書のことを「落書(らくしょ・おとしがき)」といった。のちに、それが「らくがき」と重箱読みされて、いたずら書きのことをいうようになったもの。
カテゴリ:社会