落ち度 おちど

あやまち、過失。

落ち度の由来・語源

もとは「越度」と書いて「おつど」「おちど」と読まれていて、字の通り「度を越す」という意味だった。中世には、許可なしに関所を越え渡る、関所破りのことをいい、のちに「度」は制度の意味を表し、度(のり)を超える、すなわち罪を犯す、違法な行いを示すようになった。過失の意味を表すようになったのは、明治以降。
カテゴリ:社会