茗荷 みょうが

ショウガ科の多年草。全体に特有の香りがあり、茗荷の子とよぶ花穂や若芽を食用にし、栽培される。熱帯アジアの原産。

茗荷の由来・語源

「みょうが」の語源は、古名「めが」が変化したものとされる。「めが」は「芽香(めが)」の意で、芳香がよいことにちなむ。
また、大陸から生姜(しょうが)とともに持ち込まれた際、香りの強いほうを「兄香(せのか)」、弱いほうを「妹香(めのか)」と呼んだことから、これがのちに生姜・茗荷に転訛したとする説もある。
「茗荷」は当て字。
カテゴリ:自然