結納 ゆいのう

婚約に際して家同士が金銭または品物を取り交わす儀式。また、その金品。

結納の由来・語源

もともと「言い入れ」という言葉があり、結婚の申し込みや婚約の儀式をさしていたが、動詞「言う」が「ゆう」という語形に変化したのに伴って「言い入れ」も「ゆいいれ」という語形に変化し、その段階で「結い納れ」という漢字が当てられ、この漢字「結納」を湯桶(ゆとう)読みして「ゆいのう」となった。
カテゴリ:行事・風習