素封家 そほうか

財産家。大金持ち。

素封家の由来・語源

「素」はむなしいの意。「封」は封禄・封土、すなわち社会的な地位や領地の意。「素封」は『史記』に見える語で、領地や官位を持っていないが、非常な資産を持っている者という意味で、すなわち民間の大金持ちをさす。
現在ではこれに「家」をつけて「素封家」という形で大金持ちを意味するが、これは明治になってから用いられるようになったもの。
カテゴリ:社会