目配せ めくばせ

目を動かして、意思を伝えたり合図をしたりすること。目くばせ。

目配せの由来・語源

目配せは、古語の「めくわす(目食はす)」に由来する。「食はす」は、「合わせる・一体化する」という意味で、一方が瞼(まぶた)の上下を合わせ(まばたきして)、もう一方の相手に意志を伝えるということ。
この「めくわす」から「めくわせ」、そして「めくばせ」と変化したとされる。
「目配せ」と書くのは当て字。
カテゴリ:様相