目には目を

ハムラビ法典にある言葉。「目には目を、歯には歯を」と続く。受けた害に対して、同等の仕打ちをもって報いること。

目には目をの由来・語源

やられたらやり返せという復讐を認める内容だと誤解されることが多いが、実際は、それ以上してはいけないという復讐を制限する内容。
犯罪行為とそれに対する刑罰をあらかじめ規定する近代的な罪刑法定主義の精神が認められ、刑法学史上、重要な言葉とされる。
カテゴリ:社会