無鉄砲 むてっぽう

あと先のことをよく考えず強引に行動すること。

無鉄砲の由来・語源

「無鉄砲」は、鉄砲玉のように一気に突き進むという意味合いから用いた当て字。
語源は、「むてほう(無手法)」の音が変化したもの。「無手法」は、手に何も持たない、特別な技芸を持たないことで、何の手段もなく行うことをいう。そこから、後先考えずに一気に行動する意となった。
また他には、漢文に訓点が付されていないことをいう「むてんぽう(無点法)」の変化で、漢文が訓点が施されていないことで、それでは読みにくいことから、理解しがたい、明確でない意味へと変化したとする説もある。

無鉄砲に関連する言葉

カテゴリ:人間