正念場 しょうねんば

ここぞという大事な場面。

正念場の由来・語源

「正念」とは仏教語で、心理を求める心をもつこと、また、邪念を払って心の安定した状態、平常心をいう。
歌舞伎や浄瑠璃で、主人公がその性根(本領)を発揮する大事な場面を「性根場」といい、その場面を演じるのに平常心が必要であることから「正念場」といわれるようになった。
カテゴリ:社会