かえで

カエデ科の落葉高木。葉は多くは手のひら状に裂けていて、秋に紅葉する。

楓の由来・語源

葉がカエルの手に似ていることから「かえるで(蛙手)」と呼ばれ、それが転嫁したものとされる。
新緑から紅葉に、また新緑へと移り変わるさまが「蛙」の語源の「帰る」とも重なるようである。
漢字で「楓」と書くが、中国ではマンサク科の「フウ」のこと。かえでの漢名は「槭(せき)」
カテゴリ:自然