敦盛草 あつもりそう

ラン科の多年草。

敦盛草の由来・語源

初夏になると、茎の頂に母衣(ほろ)の形をした、紅紫色の唇弁(しんべん)花をつける。その花の形を平敦盛が背負う母衣に見立ててこの名がある。
敦盛は一ノ谷の合戦で熊谷直実(くまがいなおざね)に討たれ、16歳の若さで亡くなった平家の武将。
母衣は戦のとき、鎧(よろい)の背にまとって流れ矢を防ぐ布製の袋のようなもの。同じラン科の「熊谷草」とは対の名。

敦盛草に関連する言葉

カテゴリ:自然