往生際が悪い おうじょうぎわがわるい

決断力がなく、思い切りやあきらめが悪いこと。

往生際が悪いの由来・語源

本来は仏教語で、「往生」は死ぬこと、「際」は境目のこと。つまり、「往生際」とは、この世からあの世へ行く間際、またそのときの様子を表し、転じて「往生際が悪く、なかなか負けを認めようとしない」のように、「往生際が悪い」の形で、あきらめの悪い意味に用いられる。
カテゴリ:人間