図星 ずぼし

人の指摘などが、まさにそのとおりであること。

図星の由来・語源

「図星」とは矢の的の中心の黒点のこと。矢を射るときに、図星を狙うことから、狙い所、目当て、急所の意味となり、さらに転じて相手の思惑をいうようになった。
また、一説には鍼灸用語で、壺とされるところに墨でつけた点のことで、そこから急所をさす意味が生じたともいわれている。

図星に関連する言葉

カテゴリ:様相