内股膏薬 うちまたこうやく

そのときの状況しだいで、あっちについたりこっちについたりして、節操のないこと。しっかりした意見がなくその時の気持ちで動くこと。また、そのような人をあざけっていう語。

内股膏薬の由来・語源

昔の膏薬は、べとべとしていて、内腿にはると右側についたり左側についたりしたことに由来する。
内股膏薬は「うちまたごうやく」ともいう。
カテゴリ:四字熟語