元の木阿弥 もとのもくあみ

いったんよくなったものが、再びもとの状態に戻ること。

元の木阿弥の由来・語源

一説に、戦国時代の武将、筒井順昭(つついじゅんしょう)が病死したときに、跡継ぎの順慶(じゅんけい)は1歳とまだ若く、順昭の遺言で3年間死去が伏せられた。その間、順昭に姿や声の似ていた影武者の木阿弥を身代わりとし、病気と偽って寝室に置いた。
3年後に死去が公表され、葬儀が行われると、木阿弥は役目を終えて元の生活に戻ったという故事によるとされる。

元の木阿弥に関連する言葉

カテゴリ:文化