ヒヤシンス

ユリ科の多年草。地中海原産で、日本には江戸時代末期に渡来。

ヒヤシンスの由来・語源

英語hyacinthに基づく名がが、もとは、ギリシャ神話で、太陽神アポロンと西風神ゼフロスに愛された美少年ヒアキントス(Hyakinthos)に由来する。
少年とアポロンが円盤投げをして遊んでいたところ、嫉妬したゼフロスが円盤に西風を吹きつけ、それが少年に当たって死んでしまい、流れた血から紫色のこの花が咲き出したという。
カテゴリ:自然