ガソリン

石油製品の一つで、沸点が摂氏30~200度くらいの揮発性の液体で、炭化水素の混合物。内燃機関の燃料。日本語では揮発油。

ガソリンの由来・語源

ガソリン(gasoline)は、「gas+ol+ine」と分解され、「gas」は気体、「ol」はアルコール(alcohol)類などにつける語尾、「ine」は化学物質に付ける語尾。
gasolineという語はおもにアメリカで使われ、イギリスではpetrolと呼ぶことが多い。

ガソリンに関連する言葉

カテゴリ:カタカナ語