カーキ色

黄色に少し茶色のまじったような、くすんだ色。枯草色。カーキー色とも。

カーキ色の由来・語源

英語「khaki」からの外来語。
もとはペルシャ語の「khāk(ほこり)」の意であったが、ヒンディー語に入って「khākī(くすんだ茶色)」となり、さらに英語に入った。
明治38年(1905年)に、日本陸軍が欧米にならって軍服の色として採用したため、この語が使われるようになった。「カーキ」という語は現在も多くの国で軍隊の代名詞として使用されており、例えば英語で「Get into khaki」と言えば軍に入隊するという意味になる。
カテゴリ:カタカナ語