すみれ

スミレ科の多年草。山野の日当たりのよい場所に自生する。春に濃紺の花を咲かせる。

すみれの由来・語源

一説に、花の形が大工道具の「墨入れ(すみいれ・墨壺)」に似ていることからこの名があるとされる。
ほかに、古くは春の野に出て若菜を摘む習慣があり、すみれもその若菜の一つとされ、「摘入草(つみいれぐさ)」の「つみれ」が「すみれ」に変化したとする説もある。
カテゴリ:自然