あみだくじ

線のはしに当たりはずれなどを書いて隠し、各自が引き当てるくじのこと。現在は、平行線の間に横線を入れ、はしご状にすることが多い。

あみだくじの由来・語源

あみだを漢字で書けば 「阿弥陀」。仏教の阿弥陀仏のこと。阿弥陀仏の像の光背は放射状の形になっており、そこから、放射状に線を引いて作られるくじを 「あみだくじ」 と言うようになった。
カテゴリ:文化