あばた

あばたとは、天然痘が治った後、皮膚に残る小さなくぼみのこと。

あばたの由来・語源

「あばた」の語源は、サンスクリットで「かさぶた」を意味する「arbuda(アルブタ)」とされる。
仏教で説かれる八寒地獄の1つに、「安頁」浮陀(あぶだ)地獄といわれるものがあり、嘘をついたり悪口を言ったり、聖者を軽蔑する言葉を吐いた者が落ちるとされ、厳寒のためここへ落ちると全身に水疱が生じると言われる。
そこから、天然痘が治った後に顔に残る小さなくぼみを僧侶の間の隠語で「あばた」と呼ぶようになり、それが一般にも広まったといわれている。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。

あばたに関連する言葉

カテゴリ:人間